丸く仕上げ作業

お問い合わせはこちら

ブログ

丸く仕上げ作業

2019/10/18

 大型の台風19号がようやく去り、ニュースで取り上げられていたものの我が渡辺木工挽物所近辺は被害は大きくなく安堵はしました。しかしながら、一方で大きな被害を受けた地域も多数あります。その方々の一日も早い復旧と亡くなられた方々へのお悔やみ申し上げます。

さて、本日製作していたのものは旗立てのパーツです。

台座・丸棒・頂点に付く装飾部分といった3パーツからなるもので、丸棒にはてはフックが付きそこに旗を掛けるといったデザインとなっています。この旗立ては、テーブルに置いて使用するためのものだそうです。

そして肝心の製作していたパーツですが、頂点に付く装飾部分です。こちらは、装飾部分といってもシンプルなものでキノコの笠の部分に似た形をしており、経験が浅い私(本記事執筆者)でもできるのではないかとGOサインが出て携わらせていただきました。

1)治具にはめ込み直径23mmで荒挽きされているので、20mmに落とします。

2)頭が尖がりすぎないように注意しながら丸くします。

3)下側を丸くし、形を整えてやすりで磨いて終了。早くて約1分程度で仕上げます。

材料:ビーチ

サイズ:長さ10mm×直径20mm

その他業務一覧

一輪挿し

一輪挿し

カヌレ

カヌレ

小道具

小道具

代ゼミの表紙

代ゼミの表紙

組みひもの四つ組専用の角台

組みひもの四つ組専用の角台

持ち手

持ち手