挽物の職人

お問い合わせはこちら

ブログ

挽物の職人

2019/07/02

先日かやの木指定ですりこぎを依頼されました

昔は太いかやがたくさん出たそうですが、今では需要もなくなってきていますのでほとんど材木の市場には出ないらしいということです。かや というと真っ先に思うのは将棋関係ですね

駒と将棋盤はかやの木が有名です。

挽物の業界ではあまり挽いたことがなく、今回はかやを探すのが大変でした。それもすぐに使える乾燥した材でなければなりませんからね。実際に生えてるかやは見たことがありませんが、挽いてみてその香りで、あっこれだ!と思い出します

以前にもこの香りを経験していましたので、その時の材はかやだったんだ、と思いました。なんだか不思議です

この写真はかや材を秩父出身の浅見君がすりこぎを挽いているところです

刃切れもよくきれいに仕上がりましたよ。ほんとに器用なお弟子さんです。頼もしいですね

 

かやの木をすりこぎに挽いている秩父出身の浅見君