オフィシャルブログ

腱鞘炎が

木工所の仕事は、特に挽物の仕事は立っていることが圧倒的に多いのですが

手先の仕事なのでどうしても上腕や手首に負荷がかかります

なので腱鞘炎は職業病ですね

今日もケヤキの4寸角の脚を挽いてましたが、堅すぎでもう大変

回転を速くできないので余計に手首に負荷がかかるのです

明日までには仕上げなければ。

埼玉県のお弟子さんは、けん玉の玉の穴あけに一生懸命でした。

明日もよろしく

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

週に一日は

いくら忙しくても日曜日は仕事をしないでリフレッシュしないと。

世の中は三連休でどこも行楽客でいっぱいです

明日はうちの木工所は普通に仕事です

埼玉県のお弟子さんと共に一生懸命に挽物しますよ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

必要とされてなんぼ

今日は竹のマグカップをできるだけ仕上げて静岡の木工所に先ほど送りました

朝には神奈川県にある大学のデザイン科のDさんがうちの木工所にいらして

卒業制作の依頼を受けました 12月14日までに何とか仕上げましょう

忙しいですね ありがとうございます

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

コルクも挽けるのかな?

今日も一日お手伝いのおじさんと忙しく仕事しました

夜にはFAXが入って、加工する材料はコルクだそうです

挽いたことがないのでどうなるかわかりませんが、面白そうです

新しいことに挑戦しないとスキルアップができないので

一生懸命やってぜひとも繋げていきたいですね

コルクも木工品と言えるんですかね

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

この木工所にしか

木工の仕事でうちの木工所にしかできないことは、はっきり言ってありません

しかし今日いらしたクライアントは渡辺木工所にしかお願いできないのです と言われるとうれしくなりますね

試作品の納期はタイトですが、それに応じる気持ちになってしまうのです

タッセルの木型もやらねばとも思い、今日はけん玉の玉を仕上げていました

明日も馬車馬のごとく頑張らねば

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

地域密着した木工所「渡辺木工挽物所」では、伝統の技を今に伝えています

木工挽物とは、『木地師』や『轆轤 (ろくろ) 師』という専門の職人たちが作る木製品のことを言い、木工挽物品を生み出した『木地師』『轆轤 (ろくろ) 師』発祥は今から1,100年以上前の9世紀後半とされており、江戸時代から明治時代初年にかけては『手挽ろくろ』という道具を使用してお椀などを製造していたと言われています。
東京にある木工所「渡辺木工挽物所」は、歴史ある木地師の技と現代技術を用いた木の温かみを感じる数々の木工挽物を製作・納品しております。また、当木工所には地元の小中学生が見学に訪れることもあり、伝統のものづくりへの思いと木工挽物の魅力を伝えています。