オフィシャルブログ

今季一番の寒さ

今朝は寒かったです

うちの木工所の工房の外に温度計を置いておいたら、なんとマイナス1度

中はダルマストーブであったかいんですが。

今日も朝から仕事でした。また今夜は10時ごろ長野県から仕上がったケヤキの脚を取りに来るのです

大変だなあ。それから神奈川県、横浜に持っていくとのことです

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あっという間の一週間

木工所の仕事をしていて、今年ほど一年が早く感じた年はありません

5年前に好酸球性肺炎で東海大の病院に一か月半入院して退院してから、調子を崩して寝込んだことはなかったなあ

それからお弟子さんが来てくれて、仕事も比例して多くなって。

健康に気を遣うようになってから毎朝のように歩くようになりました

年と共に早寝早起きの習慣で、4時前には起きて歩いてます

この頃はスロージョックで小一時間やってます

今年は母親も90歳で亡くなり、いろいろなことが起こった年でした

あと一か月、今年も総括の12月がやってきます

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

やり残しの仕事は

11月もあとわずか

今日は竹材のマグカップを仕上げていました

今月中にやらなければならない仕事がまだあります

出来きれませんので申し訳ないですね

何とかまくってやりますのでよろしくです

タッセルの木型もその一つです

あと一か月だ。大掃除もやらないと、毎日がいそがしいね

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

木工所の暖房は

今日はさすがに寒かったですね

うちの工房の暖房は昔からダルマストーブです。

薪はたくさん出ますので、冬には朝から火を入れます

今年は11月になっても暖かいのでまだ使っていませんが、明日から火を入れます

ただ昼間は薪を燃やすと暑いので、まだ朝だけにしておきます

これが木工所の暖房ですね

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

LEDの蛍光灯は明るいね

先月うちの木工所も普通の蛍光灯からLEDの蛍光灯になりました

東京の業者にやってもらいましたが、半分の消費電力で明るさは1.1倍

魅力なのはカバーがガラスではなく、樹脂なので木が当たっても割れないことです

寿命も長くほぼ取り替えることはないかもしれません。

ただ静電気で木ぼこりが付くのが玉に瑕。

でも手で拭けばすぐにもとどおりなので心配なしですね

明るい工房で仕事ができるのはいいですね

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

地域密着した木工所「渡辺木工挽物所」では、伝統の技を今に伝えています

木工挽物とは、『木地師』や『轆轤 (ろくろ) 師』という専門の職人たちが作る木製品のことを言い、木工挽物品を生み出した『木地師』『轆轤 (ろくろ) 師』発祥は今から1,100年以上前の9世紀後半とされており、江戸時代から明治時代初年にかけては『手挽ろくろ』という道具を使用してお椀などを製造していたと言われています。
東京にある木工所「渡辺木工挽物所」は、歴史ある木地師の技と現代技術を用いた木の温かみを感じる数々の木工挽物を製作・納品しております。また、当木工所には地元の小中学生が見学に訪れることもあり、伝統のものづくりへの思いと木工挽物の魅力を伝えています。