オフィシャルブログ

木工所の仕事は

自営業は確定申告も仕事です

今はパソコンで入力して個人の会社は青色申告会に入れるので

申告は昔より楽にできます

一週間に一度はパソコンに入力しますね

仕事をしたら税金は払うのが原則。

しっかり払いますよ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

忘年会

木工所としての忘年会と思われることを今年はやりますよ

埼玉のお弟子さんといつも元気なおじさんと、今週の金曜日に仕事終わりにやりたいと思ってます

個人的には忘年会はほぼないのですが、先日町田のクライアントの忘年会に招かれて行ったくらいです

三人で食事会みたいなものですが、いつもお世話になっているお弟子さんとおじさんに

唯一のおもてなしの機会なので是非楽しんでいただきたいと思います

来年もどうぞよろしくお願いいたします

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

忙しすぎて

12月に入って忙しすぎてブログを書くのもできませんでした

明日でようやくアロマオイルのディフューザーが仕上がります

これも二か月前に材が四国から届いていたんですね

けん玉はやりっぱなしです。

明日は午前中に竹材が届くので、お弟子さんにそれをやってもらいます

今年もあとわずか、やだね~

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

12月に入っても

師走に入り依頼されている仕事は今年には納品してほしいというものばかり。

しかしタッセルの木型は必ずやりますから

クリスマスには間に合うように製作しなければ と思いますね

二が月前からお願いされている、アロマデフィーザーは今日電話があって

大口の注文があって 在庫がなくなるとのこと

今日から木取りを始めました。

今月は最後の週はないものだと思わないと。あ~あ忙しい

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

掛け軸の軸先

うちの木工所では掛け軸の軸先を加工してます

黒檀ですが、丸棒にして7mmにスライスします

それを蜜蝋で片面、鏡面仕上げをします。

それを掛け軸を仕立てている業者に送って、軸棒の木口に接着して仕上げるのです

黒檀部分は両端のみですね。黒檀は支給されます。

今依頼が来てるのは1600枚、ようやく半分を今日発送したところです

今月中にも全部仕上げなきゃ

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

地域密着した木工所「渡辺木工挽物所」では、伝統の技を今に伝えています

木工挽物とは、『木地師』や『轆轤 (ろくろ) 師』という専門の職人たちが作る木製品のことを言い、木工挽物品を生み出した『木地師』『轆轤 (ろくろ) 師』発祥は今から1,100年以上前の9世紀後半とされており、江戸時代から明治時代初年にかけては『手挽ろくろ』という道具を使用してお椀などを製造していたと言われています。
東京にある木工所「渡辺木工挽物所」は、歴史ある木地師の技と現代技術を用いた木の温かみを感じる数々の木工挽物を製作・納品しております。また、当木工所には地元の小中学生が見学に訪れることもあり、伝統のものづくりへの思いと木工挽物の魅力を伝えています。