オフィシャルブログ

小学生が木工挽物所に

11月26日、冷たい雨降るなか 八王子市立第三小学校の三学年のおともだち11人とおかあさん二人が午前10時ごろ 渡辺木工挽物所に授業のお店見学で来てくれました。

子どもたちのさまざまな質問に上手に答えられたかわかりませんが、子どもたちの元気な姿にこちらが励まされました。

将来ものづくりの仕事に就きたいとの返事に一日さわやかに仕事がはかどりました。

どうもありがとうございました。

また来年もよろしくお願いいたします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
http://www.w-hikimono.jp/
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

挽物業を長く続けるために

四年前から朝4時から一時間ほど歩いています 健康でこの木工挽物業をまだまだやっていたいからです。

自営業は定年がないので 元気ならば仕事はできます。

40年やって来てようやく手が早く動くようになりました。お弟子さんはいなくなっても、またお手伝いをしてくれる定年退職した木工が好きな方が来てくださってます。

暴飲暴食をしないで規則正しい生活でこれからも元気でやっていきます。

どうぞこれからもよろしくお願い申し上げます

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
http://www.w-hikimono.jp/
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

淋しくなります

昨年の1月よりこの挽物で生計を立てたいとの志で渡辺木工挽物所に弟子入りしてくださったお弟子さんが 10月いっぱいで辞めることになりました

よんどころない事情で引っ越されるようですが まじめで熱心な方なので 必ず挽物職人 挽物作家として成功してくれることを望みます

少し淋しくなりますがお互いに張り切っていきましょう。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
http://www.w-hikimono.jp/
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

スピーカー台

7月に八王子市にお住まいのFさんからの依頼で 挽物ではありませんがスピーカーの台座の組み立てをしました。

材料はブビンガとウォールナットです。材はFさんからの支給です。仕上げは ワトコオイル仕上げです。重厚さがよく出ています

 

201481261717

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
http://www.w-hikimono.jp/
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

挽物の夏

昨日7月22日に梅雨が明けて2014年の本格的な夏がやってきました。

八王子の夏はときどきニュースになるほど暑いです。

渡辺木工挽物所もエアコン等はありません 午後になると仕事場は34度くらいになりますね。

もちろん仕事の能率は悪くなりますね 熱中症にならないように水分はこまめに摂ってなんとか対処しています。

早くダルマのストーブが活躍する冬にならないかと思う今日この頃です。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
http://www.w-hikimono.jp/
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

地域密着した木工所「渡辺木工挽物所」では、伝統の技を今に伝えています

木工挽物とは、『木地師』や『轆轤 (ろくろ) 師』という専門の職人たちが作る木製品のことを言い、木工挽物品を生み出した『木地師』『轆轤 (ろくろ) 師』発祥は今から1,100年以上前の9世紀後半とされており、江戸時代から明治時代初年にかけては『手挽ろくろ』という道具を使用してお椀などを製造していたと言われています。
東京にある木工所「渡辺木工挽物所」は、歴史ある木地師の技と現代技術を用いた木の温かみを感じる数々の木工挽物を製作・納品しております。また、当木工所には地元の小中学生が見学に訪れることもあり、伝統のものづくりへの思いと木工挽物の魅力を伝えています。