オフィシャルブログ

挽物・ニードルケース

A83C4B92-27F1-4C4B-91B7-41EFD8A29B955月に入りましたが、不安定な気温ですね。

本日はニードルケースの製作をしました。

材質はポプラで、蓋と本体を別々に粗挽きし合わせた時に綺麗な筒状にするという作業が大変なものでした。

小ぶりで物自体はとても可愛らしいものです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

渡辺木工挽物所に新人

先月から21歳の新人男性がうちで働いてくれています。性格はおとなしく一人で静かに黙々と作業を行う

といった若者です。挽物の道を目指す若者がこのところ多くなっていることに嬉しく思います

渡辺木工挽物所は今では毎日3~4人で作業しています。大変賑やかですDSC_0555

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

挽物・引き玉

90C00C4A-E0D8-4481-A658-5D8C82D2F050以前製作したカサの柄とセットで手を通す為の紐に付ける引き玉を製作しました。

一年目の新人である私が初めて丸鑿(まるのみ)を使って仕上げまでしました。鑿の使い方や同じものを作る難しさを感じました。
少しずつ前進していきたいです。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

挽物工房改造計画

そう、タイトルの通り工房を2月の下旬くらいからより仕事がしやすくなるように木工旋盤周りをリフォーム。

 

木工旋盤、基礎やらをいじくる大掛かりなリフォームを四苦八苦しながらようやっと仕事ができるくらいにまでして、溜まりに溜まった仕事を消化中。

 

まだまだ散らかりっぱなしなので落ち着いたら少しづつ片付けて行きたい。

 

9842ACAB-5D76-4097-B8AF-D3A6A3D3C7F1 7BC7804C-52C3-48EB-BBD4-2523D7BE9B28

 

EFB0A0DD-5770-43DA-82F7-9432CF855796

123A4C15-53F7-416E-BC2D-3ABB283E050A

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

挽物の風鈴

 

今回製作しているのは、風鈴の音を鳴らす部分「舌(ゼツ)」と呼ばれる部分です。
材料は焦げ茶色のウォールナットで、暗い色ではあるもののどこか軽い印象を受けるものです。
写真の手前は成形する前の粗挽きし終えたものでこれから手で成形されていきます。CB28D193-7AFB-45A5-916C-A65DB63D8112

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

地域密着した木工所「渡辺木工挽物所」では、伝統の技を今に伝えています

木工挽物とは、『木地師』や『轆轤 (ろくろ) 師』という専門の職人たちが作る木製品のことを言い、木工挽物品を生み出した『木地師』『轆轤 (ろくろ) 師』発祥は今から1,100年以上前の9世紀後半とされており、江戸時代から明治時代初年にかけては『手挽ろくろ』という道具を使用してお椀などを製造していたと言われています。
東京にある木工所「渡辺木工挽物所」は、歴史ある木地師の技と現代技術を用いた木の温かみを感じる数々の木工挽物を製作・納品しております。また、当木工所には地元の小中学生が見学に訪れることもあり、伝統のものづくりへの思いと木工挽物の魅力を伝えています。