オフィシャルブログ

ローズウッドのボビンレース用のボビンは

樫材とローズウッド材でボビンレース用のボビンを製作しています

細いので仕上げるのに大変ですね。特にローズウッドのものは樫より細いので、より大変です

油断するとすぐに折れてしまいます。ですからローズウッド材は集中してやらないと商売にはならないのです

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

やっとアロマディフューザーが仕上がりました

やっと今日アロマディフューザー 「ヒノコ」が仕上がりました

600個からありまして、粗挽きはお弟子さんがやってくれましたので

かなり楽になったのですが、600から仕上げるには根気が要りますね

電話やファクスが入ると手を止めなければならないので、いつまでたっても終わらない感じでした

いつも思うのですが、注文が入ったときと仕上がったときが、うれしいですね

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ダーニングマッシュルームがテレビに

今夜のTBSテレビの番組(ぴったんこカンカン)で写真のダーニングマッシュルームが出ました

明日で終わるNHKのとと姉ちゃんのモチーフとなった、くらしの手帖社への訪問で、なんとダーニングマッシュルームを社の方が

実際に誰でもできるかを検証していました。できてましたよ。野口光さん中須賀さん! やりましたね。頑張って製作しますよ。dsc_0259◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

あっという間に四分の三が

明日で九月も終わり、一年の四分の三が終わります

なにかあっという間に最後の三か月を迎えますね

十月も慌ただしく過ぎていくこと間違いなし

ダーニングマッシュルームの追加注文もあるし、タッセルの木型(木玉)もやらなきゃ。

きびきび一つ一つ終わらせていかなければ。

昨日からアロマオイルのディフューザーにかかっています 早く終わらせねばね

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ダーニングマッシュルームの追加注文

先日 業務紹介にも載せたダーニングマッシュルームの追加注文が南アフリカから来ました

これからも雑誌に取り上げられたり テレビにまで出ちゃうらしい

カルチャー教室の一翼を担う存在になっていきますように

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
渡辺木工挽物所
住所:東京都八王子市寺町23-2
TEL:042-622-6877
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

地域密着した木工所「渡辺木工挽物所」では、伝統の技を今に伝えています

木工挽物とは、『木地師』や『轆轤 (ろくろ) 師』という専門の職人たちが作る木製品のことを言い、木工挽物品を生み出した『木地師』『轆轤 (ろくろ) 師』発祥は今から1,100年以上前の9世紀後半とされており、江戸時代から明治時代初年にかけては『手挽ろくろ』という道具を使用してお椀などを製造していたと言われています。
東京にある木工所「渡辺木工挽物所」は、歴史ある木地師の技と現代技術を用いた木の温かみを感じる数々の木工挽物を製作・納品しております。また、当木工所には地元の小中学生が見学に訪れることもあり、伝統のものづくりへの思いと木工挽物の魅力を伝えています。